ニートtokyoガイド

毎日夜9時に更新されているYouTubeチャンネル『ニートtokyo』のガイドブログです。

【ニートtokyo】Lunv Loyal(ルナ ロイヤル)がヒップホップシーンに新たな風を吹き起こす...!?

メキメキと頭角を現してきたLunv Loyal、まだ未知な部分が多い彼を徹底検証!!

追記 2018/10/27

【Lunv Loyalのプロフィール】

Lunv Loyal(ルナ ロイヤル)

所属 : TEAM REPRESENT ENT. (チーム レペゼン エンターテイメント)

1993年9月30日、秋田県出身

f:id:mrkta:20180704235752j:plain

Lunv Loyal Twitter : ルナ・ロイヤル (@LunvLoyal) | Twitter

Lunv Loyal インスタグラム : Lunv Loyalさん(@lunvloyal) • Instagram写真と動画


【Lunv Loyal新曲公開】

2018年12月5日に発売される"New World Order"に先駆け
新曲の"バビロン・シティ"を公開されました。

今までにはなかった新たなLunv Loyalを感じられます。
新たなヒップホップシーンの風になることは間違いないでしょう。
ふと口ずさんでしまうような中毒性がある1チューンに仕上がっていますね。

【Lunv Loyalの名前の由来】

ラッパーを始めた当初はと書いてルナと読むMCネームで活動していました、
意味はラテン語で月を意味するLUNA(ルナ)が語源になっています。
そこから表記をLUNV(ルナ)に変えて、
またそこから今のLunv Loyalに変わりました。
Loyalには誠実さ、義理堅いなどの意味があり、
それが語源になっています。


【Lunv Loyalの生い立ち】

Lunv Loyal曰く、若い頃はコンビニに溜まり、すれ違う人には睨みを利かせ
問題が起こればすぐに手が出てしまう性格だったと語っています。
しかし、当時から音楽が好きで尾崎豊などの、ハートのこもった歌手が好きだったそうです。
そして初めてヒップホップに出会ったのは、たまたま聞いたSEEDAに衝撃が走ったそうで、そこから色々な日本人ラッパーや、USラッパーを聞くようになったそうです。

www.neet.tokyo

【Lunv Loyalの地元秋田について】

プロフィールでも紹介しましたが、Lunv Loyalの地元は秋田県です。
Lunv Loyalは地元、秋田県をこのように語っています。

見ていただければ分かると思いますが、秋田県出身ということがコンプレックスになっているようです、ですが最後に一言言っているように秋田県にはを持っているようで
月に何度も地元秋田県に帰っては、地元の仲間たちTEAM REPRESENT ENT. と制作やライブに取り組んでいるようです。


秋田の名物きりたんぽについて。

秋田には名産が沢山ありますが、
いぶりがっこ(燻製した漬物)という名産を題材にした曲をTy Ourhomeのプロデュースの元に発表しています。

この曲では、秋田弁の歌詞も出てきて正直、何を言ってるのか意味が分かりません。尚更早すぎてワケが分かりません。
ですが、その分Youtubeページ内で歌詞も表記されていて秋田弁の歌詞と標準訳された歌詞も乗っているので確認してみてください。

もちろんですが、地元秋田県の曲もございます。

【Lunv Loyalの代表曲】

Lunv Loyal - Everyday feat. Ryugo Ishida, Weny Dacillo

Lunv Loyal - Bad Girl (Prod. Child Zombie)

True - Life Life feat. Lunv Loyal

Lunv Loyal - Taxi

Lunv Loyal - Still 4 My Yegga

【Lunv Loyalの交友関係】

Lunv Loyalが仲が良く、一緒に曲を何度もやっているゆるふわギャングについて
コチラで語っています。

ゆるふわギャング "グラセフ" feat. LUNV LOYAL


ヒップホップの枠にとらわれず、他ジャンルとの共演も果たしています。

Awesome Handsomes - TINY LITTLE BED feat. Lunv Loyal

【Lunv Loyalのニューヨークの過ごし方】

Lunv Loyalが、20歳頃の時に行ったニューヨークでの過ごし方をコチラで語っています。


【Lunv Loyalのファンの反応】




【最後に!!】