ニートtokyoガイド

毎日夜9時に更新されているYouTubeチャンネル『ニートtokyo』のガイドブログです。

【ニートtokyo】RYKEY(リッキー)がギャング時代から紅蘭との結婚まで語る!

RYKEYが今までの壮絶な人生を激白!そしてニートtokyoで本邦初公開のあのことまでを語ります!

【RYKEYのプロフィール】

f:id:mrkta:20180809022348j:plain

RYKEY(リッキー)

1987年12月12日、東京都八王子市出身。

所属 : 18Production

RYKEY Twitter : RYKEY (@licky6329461) | Twitter
RYKEY インスタグラム : RYKEYさん(@___rykey___) • Instagram写真と動画


【RYKEY生い立ち】

RYKEYは、日本人の父親とケニア人の母親の元に生まれました。
幼少期の頃から近所では有名な悪ガキだったそうですが、
中学2年生の時に地元・八王子で有名なギャング集団の ”八王子クリップス”に入ります。
当時は盗難してきたバイクや部品を集めて作り直す『リッキーの工場』というのがあったそうです。

【RYKEYがラップを始めたきっかけ】

RYKEYは中学生の頃からヒップホップが流れている環境にいたこともあって
先輩や同世代の人がラップをしているのを見て
俺の方がイケてると思いラッパーになります。

また、2008年にプロデューサーのJIGGと出会い
アルバムを出す予定になっていたが、
2010年、アルバム製作中にRYKEYが逮捕をされて中断してしまいます。

しかし、RYKEYは、その逮捕を泊に感じ
これから本格的にラッパーとして生きていこうと誓ったそうです。

塀の中では本を沢山読み、時間を無駄にせずに
音楽の為に時間を注ぎ込んでいたそうです。
そして塀の中で「Baby」や「トリカゴ」などを書き溜め
2012年に釈放されます。

そこから1年間故郷ケニアに戻り、
2014年に新たにアルバムの製作開始します。

そして2015年6月にファーストアルバムの
Pretty Jones」をリリースします。

【RYKEYと紅蘭】

RYKEYの「Baby」の出演で、タレントの紅蘭との交際が噂されていましたが、
週刊新潮で紅蘭がRYKEYとの交際について語っていました。
逮捕されたことも事実であるとして、その逮捕理由のきっかけは
RYKEYが紅蘭にビンタをしたこと。
喧嘩後に紅蘭が警察に相談をして、RYKEYはその件で逮捕されます。
その後、RYKEYに薬物反応が出たということですが
しかし、紅蘭とRYKEYと紅蘭は破局はしませんでした。
その理由として、
薬でおかしくなる人はたくさんいるからRYKEYがそうなるのは嫌だから。」とのことでした。

そのことで、もちろん紅蘭の父親の草刈正雄も黙ってはいません。
交際を止めることを何度も勧められたこともあたそうです。

ですが、それでめげる二人ではありませんでした。

RYKEYの釈放後も交際は順調に続き、
その後、ニートtoykoで紅蘭との間に子供ができたことを告白します。


歩いていこう まだだれもわからないこの先へ #子供

RYKEYさん(@___rykey___)がシェアした投稿 -


カーター君がお兄さんになります 今年中にはでてきてくれる予定 日々変わっていくカラダと体調の変化を今しか味わえないと楽しんでます Babyの成長と一緒に成長してくれてるリッキーとカーターを見てるのも楽しみのひとつ これからも私達をよろしくお願いします 私は去年の7月に独立して会社設立して 皆様のお陰で今月無事1年が経ちました 応援してくださった皆様 社員、スタッフの皆様 毎日感謝しきれません 仕事は変わらず続けていくつもりです これからも株式会社broskyをよろしくお願いします 今月の jewelry新作もお楽しみに #紅蘭 #カラダの変化が最高に面白い #普段から喜怒哀楽激しい私 #初期はモンスター化してました #感情コントロールできなくてやばい奴だたなw #きっとリッキーは笑えないね #今はかなり落ちつきました #これからも楽しみだな #baby頑張ってくれー #新商品お楽しみに

紅蘭さん(@kurankusakari)がシェアした投稿 -



【RYKEYの代表曲】

【RYKEYのニートtokyo】

【RYKEYのファンの反応】

間違いない
Rykeyはリリシスト

例えシャブ中でも何だろーがカッケェ事言う奴はかっけぇ

正直リッキーの曲聞きづらい感あったんだけど、「信じ切ってる」から出せるリリックだと聴くと鬼カッコいい

素直に頑張ってほしい。
世に思いを、届けてほしいぞ。

Rykeyさんと、紅蘭さん、本当に幸せですね
おめでとうございます✨

【最後に!!】